読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そもそも投資って何?~リスクを取る~

まず投資についての説明をします。

 

 

「投資」とは、あるものにお金を出して
そのあることによって利益を出し
その利益を手に入れることです。

例:ある会社にお金を貸して、その会社はそのお金を元手に商売をして利益を出して、その利益から分け前を貰うことです。

「自己投資」とは、利益を出す為に自分にお金を使う事です。

例:通信教育で勉強をして資格を取ります。
その資格を利用して利益を出します。
その場合の通信教育の費用は、「自己投資」になります。

 

結論から先にいわせてください

 

投資には必ずリスクが存在するってこと

 

これはどんな投資にも言えることです。

 

自己投資といえど同じこと

 

資格を取る専門学校に行って資格を取れなかったら

 

それはお金を払った意味がありません。

 

人生では、意識せずにリスクを選択してるんです。

 

例えば、高校を卒業してすぐに就職するかしないか、

 

高校卒業後すぐに就職すれば、給料がすぐもらえる。

 

けど、その職種が嫌になった時に

 

大学卒業の人より、遥かに選択肢は少なくなるでしょう。

 

リスクを逆から読むと、

「クスリ(薬)」です。

リスクを取るからリターンが得られます。

変動が大きいからこそ、人生をより大きく変えることができます。

 

クスリを逆から読むと、

「リスク」です。

クスリは効き目だけでなく、副作用という「リスク」も併せ持っています。

リスクとリターンはセットになっていて、

リターンを得たいなら、リスクを受け入れる必要があります。

リスクのない行動に価値は生まれません。

だからこそ、私は「何かあったらまずやってみよう」と考えるようにしています。

 

安全であることが最善ではありません。

安全なことの中にもリスクはあります。
 

赤信号みんなで渡れば怖くない」は、 

「安心が安全ではない」ことを言い当てています。みんなと一緒なら「赤信号を渡る」という禁止行為も安心して行えますが、だからといって安全だとはかぎりません。

車道にはクルマが走っているからです。

 

絶対的な安全を実現することは、

人間には不可能なのです。

日本中どこに行っても地震に遭う可能性はありますし、

お金を持っていてもインフレで消えてしまうかもしれません。

安全だと思っていた会社が倒産することもあります。

私たちは本来、安全、安心ではない世界の中で生きています。

毎日がチャレンジであり、 

毎日がリスクなのです。