読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そもそも投資って何?~リスクを取る~

まず投資についての説明をします。

 

 

「投資」とは、あるものにお金を出して
そのあることによって利益を出し
その利益を手に入れることです。

例:ある会社にお金を貸して、その会社はそのお金を元手に商売をして利益を出して、その利益から分け前を貰うことです。

「自己投資」とは、利益を出す為に自分にお金を使う事です。

例:通信教育で勉強をして資格を取ります。
その資格を利用して利益を出します。
その場合の通信教育の費用は、「自己投資」になります。

 

結論から先にいわせてください

 

投資には必ずリスクが存在するってこと

 

これはどんな投資にも言えることです。

 

自己投資といえど同じこと

 

資格を取る専門学校に行って資格を取れなかったら

 

それはお金を払った意味がありません。

 

人生では、意識せずにリスクを選択してるんです。

 

例えば、高校を卒業してすぐに就職するかしないか、

 

高校卒業後すぐに就職すれば、給料がすぐもらえる。

 

けど、その職種が嫌になった時に

 

大学卒業の人より、遥かに選択肢は少なくなるでしょう。

 

リスクを逆から読むと、

「クスリ(薬)」です。

リスクを取るからリターンが得られます。

変動が大きいからこそ、人生をより大きく変えることができます。

 

クスリを逆から読むと、

「リスク」です。

クスリは効き目だけでなく、副作用という「リスク」も併せ持っています。

リスクとリターンはセットになっていて、

リターンを得たいなら、リスクを受け入れる必要があります。

リスクのない行動に価値は生まれません。

だからこそ、私は「何かあったらまずやってみよう」と考えるようにしています。

 

安全であることが最善ではありません。

安全なことの中にもリスクはあります。
 

赤信号みんなで渡れば怖くない」は、 

「安心が安全ではない」ことを言い当てています。みんなと一緒なら「赤信号を渡る」という禁止行為も安心して行えますが、だからといって安全だとはかぎりません。

車道にはクルマが走っているからです。

 

絶対的な安全を実現することは、

人間には不可能なのです。

日本中どこに行っても地震に遭う可能性はありますし、

お金を持っていてもインフレで消えてしまうかもしれません。

安全だと思っていた会社が倒産することもあります。

私たちは本来、安全、安心ではない世界の中で生きています。

毎日がチャレンジであり、 

毎日がリスクなのです。

 

どん底からの逆転へ !~起死回生ストーリー~

  

まずはじめに私がどんな人生をおくってきたか、それをここに書かせてください

 

私ゼブラーはとある田舎で生まれ、大自然の中で育ち小学校は成績もよく、委員長もやって、かなり順調でした。

 

私の最初の試練は中学2年生の時でした、

 

壮絶ないじめにあったんです。理由は単純です、目立ちすぎたんです。 毎日、毎日いじめられて、きつかった毎日、

 

いっそ死んでしまったほうが良いじゃないか、そこまで思い詰めてました。

 

 

 

「オール一の落ちこぼれ教師になる」この一冊の本との出会いが私を戦わせてくれたんです。

 

諦めずに勉強すれば、必ず結果がでる。

 

気がついたら、学年で一ケタの順位に入っていました。

 

学力とういう箔をもつと、不思議といじめは無くなってました。

 

 

その後高校に入学して、私は陸上部に入部する事に決めました

 

理由は努力が結果に繋がるスポーツだと思ったんです。

 

けどそんな甘い世界ではなく、最初は同じ長距離の女子部員より遅かったんです。

 

それからはひたすら練習に励みました。

 

結果

 

高校3年生の最後の大会では、全国大会に出場することできました

 

 

この時から、努力すれば必ず結果がでると確信しました

 

並大抵の努力ではだめです

 

死ぬ思いで努力したから結果がでたんです。

 

 

 そして、ゼブラーは高校卒業すぐに、災害救助の最前線である消防士の世界へと

飛び込みました。

 

初めての消防服は私に仕事を教えてくれました。

 

初めての現場は私に人の命の重みを教えてくれました。

 

 

最初はやりがいを感じられていましたが

 

 

しかし、1年が過ぎ去ろうとしたとあるとき・・・・

 

 

上司のあまりにも、理不尽さ、

 

過酷ないじめとも思われる消防の体制

 

どれだけ努力しても、

 

組織には抗えませんでした。

 

人の命に関わることなのに、堕落した上司たち、

 

正直に言うと、私は腐りかけていました。

 

けど、

 

このまま人生を終えるのが本当に嫌だった。

 

いつだって、どんな壁にぶちたあたっても、

 

努力で無理やりにでも登ってきた。

 

「あ、そうだ。私は、まだまだこんなもんじゃない。」

 

そんなことを考えていた時、あれは忘れもしない!

12月24日の22時

 

わたしのこころを完全にスパークさせてくれた一本の動画に

出会いました。

 

当時の私と同い年19歳の男性が、一人で様々な世界を旅し、そこでありとあらゆる国の人たちと時を重ね、成長し、帰国する、そんなドキュメント映像。

 

 

 

私は動画を見て、息が止まりそうにになりました。 

 

 

画面に移る19才の

青年は、当時の私とはまったく正反対の生活をしており、ストレスフリーな笑顔を届けてくれていました。

鏡の前の自分をみたとき、これじゃ駄目だと考え、

 

それからは、どうすれば海外で生活できるかが頭から離れなくなりました。

 

 

来る日も来る日もその動画をみては、どうすれば、この青年みたいに自由に

羽ばたくことが出来るのか・・・。そればかりを考えていました。

 

考えれば考えるほどワクワクしている自分がいました。

 

 

ただ、自分には手段がない。。稼ぐ手段を消防で得る収入しかしらない。

 

そんな日々が続いていましたが、ある日気づいてしまったのです。

 

 

今の時代、パソコン1台あればなんでもできることを!

 

海外の生活へのヒントはすごく身近にあったんです。

 

そう、それは・・・パソコンです。

 

 

家にあった一台のパソコンが私の人生を大きく変えてくれました。

 

 

そこから私はパソコンでどうしたら稼げるのかを徹底的にリサーチしました。

 

とある記事を読んでいた時に為替で億を稼ぐ同年代がいることをしり、これだ!っと

叫びました。

よっしゃーーーーー。人に出来る事は自分にもできる!それは過去の自分が証明し続けて

きたことです。

 

相場を理解するためには徹底的に勉強する必要があると考えた僕は毎日チャートとにらめっこを

していました。1に勉強2に勉強!消防士の勤務以外の時間はずーっとチャートをみる日々が続きました。

 

なぜそんなに勉強したかって?

 

知識という防具が欲しかった。ただそれだけです。

 

モンハンで防具無しでリオレウスに挑んだら即死ですから(笑)

 

それと一緒。

 

 

消防士と言う安定を捨ててでもやりたいことが僕にはあったのです。

 

なぜ私が消防士を辞め国立大学進学を決意したのか

 

それは

 

”成長に限界を感じたから”です。

 

 

消防士の収入とハイローオーストラリアの収入で手取り50万は超えていました。

 

50万円をどうとらえるかは、ひとそれぞれですが、私はこれが限界だなんて

思いたくもありませんでした。

 

職場に決められた金額で働くことを僕は奴隷だと思うようになりました。

 

 

 

職場の環境では働きながら稼ぐ事の限界であり、成長の限界である気がしてなりません。

 

 

消防士の職場環境では一定の収入に満足する人ばかりで、その環境に身をおいて成長が望めると思いますか?

 

私は思いません。

 

経営者になり月収1000万 2000万目指そうと思ったら、身をおく環境を変える事は当然必要です。

 

職場に依存したままで、夢の一つである、

海外で生活するのは当然不可能です(笑)

 

経営者になる一つの準備として、国立大学で経済学を学ぶ事を決意し、

 

2016年4月1日

 

国立大学の門を開く事となりました。

 

これからは私は大学生として、様々なことに挑戦します。

 

この挑戦によって得られた 知識 技術 経験をこのブログで惜しむことなく、

 

全て記録として残していくことで誰かが人生をスパークしてもらえるキッカケ

になれば嬉しいです。

 

あの当時、僕にきっかけを与えてくれた青年の動画のように・・・。

 

 

人生は1歩踏み出す勇気から始まる。」

 

このブログを見てくれた方に、刺激をあたえ、実際に行動してもらう。

 

それが私のブログを始めた理由です。

 

どん底にいるいる方へ

 

ブログを読んで自分にはマネできない、そんな事を思う人がいるでしょう

 

それは自身の成長に自分でロックをかけてしまってるんです

 

そのロックを外すを私はブログで提供していきます。